相続手続きを代行しています

福岡での遺産相続に関する煩雑な手続きはすべてお任せください

最新情報

2016年11月24日
銀行口座解約手続
相続手続における重要ポイント:銀行の解約手続(1)
  相続人を確定して、遺産分割協議書に相続人全員からの著名・捺印を 取り付けた後は、いよいよ銀行の解約手続に入ります。   被相続人(亡くなった方)名義の銀行口座を解約して、 相続人代表者の口座に解約・・・
2016年11月14日
具体的な相続手続
相続手続における重要ポイント:遺産分割協議書の作成(3)
相続人の人数が多くてバラバラに住んでいるときには「遺産分割協議証明書」 を各人から取り付けることが多いです。   うちの事務所で取り扱った案件の中では、ほとんどのケースで この「遺産分割協議証明書」を取り付ける・・・
2016年10月28日
具体的な相続手続
相続手続における重要ポイント:遺産分割協議書の作成(2)
相続人全員から署名・捺印を取り付ける良い方法があることを 前回お話しました。   この方法とは、相続人全員から個別に文書を取り付けると いうことです。   まったく同じ内容の協議書にそれぞれの相続人か・・・
相続にどれくらい手続きがあるかご存知ですか?
相続人が多い場合でも、地域がバラバラの場合でもご安心ください。 博多駅前相続手続きサポートセンターの3大特徴
  1. あなたにお手間をかけさせない手続き代行
  2. 明瞭で納得の価格をご提示
  3. できるだけ早く遺産相続手続きを進める

福岡県行政書士会のベテラン行政書士の先生から推薦の声をいただきました。

頼れるスペシャリストであるということを
保証いたします。

推薦文

たき先生を推薦します!

迅速丁寧なプロとしての仕事ぶりはもちろんのこと、たき先生の魅力は気さくで飾らない、その人柄にあると私は思っています。また、関連士業との連携が密であることもたき事務所の特徴のひとつではないでしょうか。

慣れない煩雑な手続や法律の諸問題に不安を抱え、相談したもののどこに相談して良いものかとお困りの時、たき先生は親身に話し易い、頼れるスペシャリストであるということを保証いたします。今後の更なるご活躍を期待しております。

こんな思いをお持ちの方に適しています。

  • 本を読んでみたけど、結局何をすれば良いかわからない
  • あとでミスがあったら、面倒なことになる…
  • 普段仕事をしているので、そんな時間を割けない

こんなお悩みありませんか?
 
はじめまして、行政書士の瀧伴高です。
ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 
相続手続きが発生した場合、本などを購入されて読まれる方が多いのですが、「結局、なにをすれば??」とお感じになる方が多いようです。

先日ご依頼いただいたKさんも同じような悩み
を抱えてご相談に来られました。

先日、ご相談いただいたKさんも
「相続の手続きをしなければいけないけれど・・・」
とご相談いただきました。
 
Kさんの場合、被相続人・叔母からの相続でした。
 
叔母には子どもがいなく、ご両親もご兄弟もすでにおられませんでした。
そして、ご兄弟の子どもにあたるKさんたちが相続人になったのです。

相続される方が9人おられまして、それぞれの代表者の方がご相談に来られたのです。
(その1人がKさんです)

なぜ、ご相談に来られたかというと・・・

ご相談に来られた理由としては、

  • はじめてのことで、どうすればいいかわからない・・・
  • 9人も相続人がいるので、手続きが大変そう・・・
  • 地域もバラバラなので、いつ終わるかどうか・・・
  • 分割の割合をどう決めればよいものか・・・
  • 銀行の手続きもなんだか時間がかかりそうで・・・

など。
 
「とにかく何からはじめていけば良いかわからない!」・・・という気持ちがおありだったようです。  
それもそのはず、ほとんどの方が「相続ははじめてのこと」なので、手続きをどうすればいいかがわかりません。
 
本もたくさん出ていますが、いろいろと書いていて一体何からはじめればいいかわからないですし、ご自身のケースにどう当てはめればいいかわからない場合が多いのです。
 
「最初は自分でやろうと思いましたが・・・」と思って、ご相談に来られる方もいらっしゃいます。

「一同で集まらないといけないと思っていました」

Kさんたち相続人の方々は、住んでいる地域がバラバラなので、「手間が多くかかるのでは?」と思われていました。
 
「遺産分割協議書」というものを作成する必要があるのですが、Kさんの場合、「一同で集まらないと作成できない」と思われていたそうです。
 
しかし、実際には、相続人の方々が一斉に集合する必要はありません。
郵便のやり取りで済んでしまうのです。
 
必要なことは、「ただ同意するかどうか」です。
同意さえしていただければ、署名・捺印をしていただければ遺産分割協議書を作成していくことができます。

Kさんにしていただいた作業は?

実際に、当事務所にご依頼いただくことになりました。
 
そのときに、相続人の方々にしていただいた代表的なものを3つ列挙いたします。

お亡くなりになられた方のお名前・ご住所の情報をご連絡いただく/財産にあたる通帳などをご用意いただく
謄本は必要ありません。
分割の割合を決めていいただく
「財産がどれぐらいあるか?」が判明したあとに、分割の割合を決めていただきます
遺産分割協議書に署名・捺印していただくこと
こちらもそれぞれの方々に郵送でお送りいたしますので、署名・捺印をしてご返送いただくだけで大丈夫です

以上です。
 
とてもシンプルだと思いませんか?
 
行政書士には、「職務上請求書」というものがあり、戸籍謄本などを取り寄せる権利がありますので、推定相続人をこちらで調べることができます。

遺産相続手続きを大きく「3つ」に分けると・・・

1.戸籍謄本等を集めること
こちらについては、相続に関する本などでよく書かれている部分なので、ご存知かと思います。
まずは、戸籍謄本等を集める必要があります。
 
ですが、正直、「相続人の人数が少ない場合」「すでに親密な場合」を除いて、ここは行政書士に任せたほうが、相続手続きが楽に&早く済みます。
 
といいますのも、行政書士には、“職務上請求書”というものがあるからです。
これは、行政書士の業務で使用するという目的で、戸籍を取り寄せることができるのです。
 
収集することにより、推定相続人を確定していきます。
2.遺産分割協議書の作成
2つ目は、遺産分割協議書の作成についてです。
 
こちらに関しては、「相続人全員があつまって作らなければいけない」と思っている方もいますが、先ほども触れましたが、実は全員が集まる必要はありません。
 
相続人の方々が同じ地域に住んでいるということはまずあり得ませんから、集まるというのは、かなり大変なことです。
 
細かいことは省きますが、「郵送」で済ませる方法がありますので、当事務所では郵便のやり取りで、遺産分割協議書(または遺産分割協議証明書)に署名・捺印していただきます。
3.預金・不動産等の手続き
そして、遺産相続で1番苦労するところとしては、財産関係の手続きです。
 
特に注意していただきたいところです。
 
なぜなら、手続きに関してミスをすると多大な時間が必要になるからです。
 
また、行政書士に依頼する場合でも、こちらの手続きが「別料金」になっている場合もございます。
手続きに関する時間を要するからです。
(完全に代行してくれるのかどうかを確認しておくと良いです)
 
以上の3つのポイント(注意点)についてご紹介しました。

手続きを終えての感想をお聞きしました。

どこに相談すればいいのかわからず・・・

お客様の声1-1

司法書士・行政書士すらわからず、どこに相談すればよいか、まず一番に考えました。いったいいくら位お金がかかるのか?を悩みました。


お客様の声1-2

紹介で知りました。


お客様の声1-3

最初に行った司法書士の方がいま1つだったので(知り)すぐ依頼しました。


お客様の声1-4

人柄


お客様の声1-5

大変むずかしく最初はどうなる事かと思いましたが、1つずつクリアしていく中で、やはりこういった手続等は、ちょっとした言い回しなどやりとりの中で相談にのって頂く方の人柄が相談者側からすると安心につながり、手続きが終了を迎えたのでよかったと思っています。

その他のお客様の声はこちら

博多駅前相続手続きサポートセンターの
相続手続き代行の8つの特徴

ここで、博多駅前相続手続きサポートセンター(行政書士たき事務所)の特徴をご紹介します。

特徴1.あなたのお手間をとらせない代行
相続される方は複数人にわたる場合がほとんどなので、相続人の中で代表の方が担当されることになります。
ただその場合は、代表の方ひとりに労力がかかってしまいます。
だからこそ、当事務所では、代表の方のお手間をとらせない形で代行をおこなわせていただきます。
特徴2.できるだけ早く終了させる
遺産相続の期間は早ければ早いほうが良いと思いますので、できるだけ早く終了するように、手続きを進めさせていただきます。
(そのためにも、事前に「このような流れで進んでいきます」ということをきちんとお伝えします)
特徴3.明瞭価格
「戸籍の収集」「遺産分割協議書の作成」についてはほとんど一律の料金ですが、財産の数や種類によって、料金の総額が変わっていきます(財産によって変化することは、どこの事務所でもだいたい同じです)。
だからこそ、明瞭価格で、ご相談にいらしたときに「これぐらい必要になります」ということを提示いたします。
特徴4.あなたのお話をじっくりお聞きします
当事務所では、私(瀧)が直接対応させていただいております。
まず、あなたのお話をお聞きすることからはじまります。
相談するかどうかを判断していただくためにも、このホームページで、可能な限りの情報を提供しています。
特徴5.法律の専門家からの相続アドバイス
相続に関して「分割の割合」などのご質問を多くいただきます。
何をどうすればいいかということは、今までの事例をもとにご説明させていただきますので、ご安心ください。
たとえば、相続税を気にされる方もいるのですが、相続税がかかるケースはほとんどない(3%程度)ということをご存知ですか?
特徴6.ワンストップサービス
当事務所では、司法書士、税理士、弁護士と提携していますので、関連する手続きが発生した場合でもすべて完了させることができます。
たとえば、不動産がおありの場合は司法書士を、相続税がかかる場合は税理士をご紹介していきます。
特徴7.その都度、進行状況をご報告
できるだけ早く手続きを進めていきますが、遺産相続は数カ月を要するものです。
ですから、代表の方には、その都度「今、ここまで進んでいます」とか、「この方からまだ署名をいただけていません」などの進行状況をご報告していきます。
(どれぐらい期間がかかるかは、相続人が何人いるかやどれくらいの財産があるかなどで変わっていきます)
特徴8.博多駅から徒歩1分
博多駅の筑紫口から徒歩1分で当事務所へ行くことができます。
アクセスしやすい場所にありますので、お気軽にお越しください。
(ただし、完全予約制となりますので、まずはご予約いただく必要がございます)

相続完了までの流れを9ステップで、
わかりやすくご紹介します。

1.お問い合わせ
まずは、TEL:092-483-8110(受付時間:8:30~20:00)または、お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。
どれくらい金額になるか・どうすればよいか?などのご相談は、一度ご来社いただくために、ご予約ください。 あなた(・相続人)にしていただくこと お電話またはメールでのお問い合わせ
2.ご来社(無料相談)
【相談シート】
相談シート1 相談シート2 相談シート3

無料相談は1時間ほどです。複数人でご来社いただいても結構です。
「相談シート」をもとに、あなたのお話を詳しくお聞きし、専門家としてのアドバイスをさせていただきます。
ご不明な点などありましたら、お気軽にお話ください。 あなた(・相続人)にしていただくこと 当事務所へのご来社 (ご用意していただくものはございません)
3.アドバイス・お見積もり
その場で、相続に関するアドバイスと相続手続きに関するお見積もりを具体的にご提示いたします。
ここまでは費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
また、プライバシーの保護については最大限注意を払っております。
行政書士は法令によりプライバシーの保護が義務づけられています。
ご相談内容が外部にもれる心配はありません。 あなた(・相続人)にしていただくこと 特にございません。
4.着手金のご入金/手続き開始
着手金(10万円)をご入金いただいてから、正式にご依頼いただいたことになります。
ご入金いただいた後は、こちらからお電話させていただき、手続きの開始をご連絡いたします。
※こちらからご入金を促すことはありませんので、ご安心ください。
相続人の方々とじっくりお話をしてからお決めになってください。 あなた(・相続人)にしていただくこと (依頼を決めた場合) 着手金のご入金
5.戸籍謄本などの収集
最初の手続きとしては、戸籍謄本等(公簿)を集めていきます。
行政書士は、その資格の範囲内で業務上使用する目的のために「戸籍謄本・住民票」などを官公庁から取得することができます。
まず、被相続人(亡くなった方)の戸籍等を「出生から亡くなる時点」まで一貫したものを集めます。
その中で判明した推定相続人の現在までの戸籍等を集めます。
遠い役場の場合は、郵便を使って取り寄せます。 あなた(・相続人)にしていただくこと 特にございません。
6.推定相続人の確定・相続関係図の作成
上記の戸籍収集の作業を通じて、「推定相続人」を確定します。
できるだけ急いで作業いたしますが、場合によっては、「相続人の数が多い、役場が遠隔地にある」等の理由で、必要書類すべての取り付けに1ヶ月以上かかることもあります。
戸籍の収集結果を「関係図」としてまとめていきます。 あなた(・相続人)にしていただくこと 特にございません。
7.遺産分割協議書の作成
【遺産分割協議書】
遺産分割協議書1 遺産分割協議書2 遺産分割協議書3

最も重要な部分ですが、「遺産をどう分割するか?」が決まっていれば特別難しくはありません。
まず、遺産分割協議書の案を作成し、相続人代表の方と十分打合せをした上で、推定相続人全員のご了解をいただきます。
このとき、他の推定相続人の方への根回し(連絡)をしていただきます。
戸籍等の収集で判明した推定相続人全員から署名・実印をいただくために、当事務所から郵便で詳細をお知らせします。
署名・捺印をいただいた遺産分割協議書を返信用封筒に入れて返送していただく形です。 あなた(・相続人)にしていただくこと 遺産分割割合の決定
他の推定相続人の方への根回し
当事務所からお送りする協議書への署名・捺印
8.分割の実行
【遺産受取見込額】
受取 受取2

相続人全員から署名・捺印をいただいたら、遺産分割協議書に記載されたとおりに分割を実行していきます。
また、銀行口座等の解約、その他名義変更をおこなっていきます。
銀行口座の解約は、銀行ごとに書式が異なりますので、煩雑な作業となります。
不動産の名義変更手続きについては、提携司法書士に依頼して実行いたします。 あなた(・相続人)にしていただくこと 分割の実行
9.残額のお支払い・完了通知
【遺産手続き完了のご報告】
完了通知

行政書士報酬額の残額及び各種実費・手数料等をお支払いいただきます。
最後に、遺産相続が完了したことを、相続される方全員に郵送で通知いたします。
また、収集した資料に関しては、すべて代表者の方にお渡ししています。 あなた(・相続人)にしていただくこと 報酬額の残額及び各種実費・手数料等のご入金

以上、相続手続きの流れをご紹介しました。
 
まれに相続税が発生する場合がございますが、そのときは手続き期間が通常よりも余計に必要となります。
 
※当事務所に相談においでになったときに既に「相続争い」の状態になっていて、まとまりがつかなくなっている場合は、業務のお引受けはできません。
その場合は家庭裁判所に相談されることをおすすめいたします。

私が直接対応させていただきます。

プロフィール
瀧 伴高(たき ともたか)
昭和27年生まれ 東京都出身。東京大学法学部を卒業後、保険会社に勤務。同社を円満に早期退職した後で、行政書士事務所を開業。
あらためまして、
行政書士たき事務所のと申します。

ここまでご説明した内容については、私が直接対応させていただきます。
 
大きい事務所ではないですが、フットワークは軽いと思っています。
 
大学で法律を専門に学んでいたこともあって、法律の世界に入りました。
そして、行政書士の業務の中でも相続手続きをメインとしてサービスを提供しています。
 
プロフィールをご覧になった方からは、「東大出身だから、話しにくいんじゃないか・・・」と心配される方もいらっしゃるのですが、「堅そうなイメージとは違いました!」と感想をいただきます。
 
以前、法人様への営業職をしていたこともあって、「話しにくい」と言われたことはございませんので、ご安心ください。

まずは、お問い合わせください(完全予約制)

まずは、お気軽にお問い合わせください。
ご来社いただいて、あなたのお話をお聞きすることからはじまります。
 
ただし、完全予約制になっていますので、ご希望の日時をお知らせください。
 
プライバシーは完全に守られていますので、ご安心ください。
こちらの打ち合わせスペースでお話をお聞きします。
 
内容をお聞きして、私の方から「専門家としてのアドバイス」と「具体的なお見積もりご提示」をさせていただきます。
 
そこで決定する必要はありませんので、お持ち帰りになって、相続人の方々でご検討いただければと思います。
しつこい売り込み等はありませんので、じっくりご検討ください。
 
お電話またはメールフォームからお問い合わせいただくことができます。
疑問点・不明点をお問い合わせいただいても結構です。

お問い合わせはこちらから
092-483-8110 [受付時間] 8:30~20:00 休日なし 「ホームページを見たのですが・・・」とお電話ください。
たき事務所 (博多駅前相続手続きサポートセンター)
博多駅前相続手続きサポートセンター 行政書士は法令によりプライバシーの保護が義務づけられています。
ご相談内容が外部にもれる心配はありませんのでご安心ください。
メールでのお問い合わせはこちら

最後に…

当事務所の役割は、相続の手続きのお手間をとらせないこと・必要なだけ代行して、できるだけ早く済ませることです。
 
悲しみの中にある状況ですし、他にもさまざまなことをされなければいけないと思います。(各種お知り合いへのご連絡など)
 
普段の仕事がおありの方が多いので、相続の手続きについて学んだり、それを実行したりする時間はあまり取れないと思います。
 
特に、一緒に手続きをやるというよりも、1人か2人の方が代表となって進めていくことになりますので、その労力は多大になります。
 
だからこそ、お時間をかけられる方は別ですが、そうではない方は専門家にお任せください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ