相続手続における重要ポイント:遺産分割協議書の作成(1)

 

相続人が確定した後は、遺言書が有る場合と無い場合とで

手続が変わります。

 

ここでは、遺言書が無い場合で考えていきましょう。

 

この場合は、遺産分割協議書を作成することになります。

 

相続人全員で遺産の分け方を決めるわけです。

 

遺産の分け方を決めるときに、身内同士で相続争いが

起こることもあります。

 

相続争いが起きたときには、調停や裁判に進むことに

なりますので、ここは弁護士さんたちの出番ですね。

 

私たち行政書士が取り扱う案件は、基本的には

この相続争いが起きていないので、ほとんどの場合には

スムーズに遺産分割協議書を作成することができます。

 

遺産分割協議書には、相続人全員が署名と捺印を

する必要があります。

 

ここで、「捺印」とは、個人実印のことです。

 

ですから、その捺印をご本人が押したことを

証明するために、個人の印鑑証明書も

取り付けることになります。

 

相続人全員が一堂に会して1通の遺産分割協議書

に署名・捺印をすることが出来れば良いのですが、

実際には皆さんバラバラな住所にいらっしゃることが

多いので、なかなか一堂に会することができません。

 

そういう場合に、相続人全員から署名・捺印を

取り付ける良い方法があります。

 

この良い方法については、次回でお話しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ