相続手続における重要ポイント:遺産分割協議書の作成(2)

相続人全員から署名・捺印を取り付ける良い方法があることを

前回お話しました。

 

この方法とは、相続人全員から個別に文書を取り付けると

いうことです。

 

まったく同じ内容の協議書にそれぞれの相続人から

署名・捺印をもらえれば、全員が一同に会して

署名・捺印をもらったことと同じ扱いにしてもらえます。

 

この文書は、遺産分割協議書と区別して、

「遺産分割協議証明書」と呼んでいます。

 

呼び方は違いますが、法律的な効果は同じです。

 

相続人が日本のあちこちに散らばっているケースも

あります。

 

そんなときは、当事務所から返信用封筒を同封して

この遺産分割協議証明書を送付させてもらって、

この証明書に署名・捺印をしてもらいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ