サービス料金の一般水準

当事務所の料金水準は一般水準と比べて高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。

結論から言えば、低いのではないでしょうか。

最近では銀行や信託銀行も相続手続を請け負うようになってきました。その場合には、銀行や信託銀行が直接戸籍類を収集することはできないので、結局行政書士等が実務を担当するケースが多いようです。ですから行政書士等に支払う報酬額が中間マージンとして上乗せされるので、最終的には高い水準になっています。

弁護士さんが請け負う相続手続はやはり高いです。また、相続争いがからむ場合には、もっと高い水準になるのは当然です。

ただし、

    相続争いがない前提で言えば、一般の相続手続において銀行や弁護士や行政書士の行う仕事はまったく同じです。

すなわち、関係の戸籍類を収集して法定相続人を確定し、関係者から遺産分割協議書を取り付けて金融機関の解約手続を行うわけですから。

また不動産の相続手続については、いずれにしても司法書士に登記手続を依頼するだけです。

一般的に言えば、行政書士が請け負う相続手続が一番低い料金水準だと思います。ただし、料金設定は各人の自由なので、行政書士の中でも料金は千差万別です。

当事務所の料金は行政書士の中では中くらいかな、と思います。それほど高くもなく安くもなくといった水準です。

当事務所で心がけているのは、「確実な中間報告」と「お手間をかけない迅速な手続」です。戸籍類の収集からスタートして、金融機関との解約交渉までスピード感をもって真面目に取り組むのが、当事務所のモットーです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ