相続人を確定させましょう

身内の方が亡くなったときに、その遺産を相続人全員または特定の人に相続させる必要が出てきます。

また、銀行に預けている現金をおろしたり、証券会社に預けている株などの有価証券を現金化することも必要になりますね。

こういうときには、誰が相続人であるかということをはっきりさせることが手続の第一歩になります。

そのためには被相続人(亡くなった方)の生まれてから亡くなるまでの戸籍を隙間無く取り寄せることになります。

身内同士においては誰が相続人であるかということがはっきりしている場合でも、同様ですので注意してください。あくまでも戸籍上ではっきりさせることが肝要です。

しかしながら、戸籍を隙間無く取り寄せることは大変むずかしいのです。

その部分だけでも戸籍調べのプロにお任せになることを強くおすすめします。その点、私たち行政書士はその道のプロでもあります。

まずは行政書士の事務所に行って手続の概要だけでも確認されたらいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ