遺産分割協議書の作成方法

相続人の間で遺産をどういう風に分けるのかということを、相続手続が円滑に行くように文章にしたためます。これが遺産分割協議書です。

遺産分割協議書には相続人全員が署名・捺印する必要があります。

捺印は念のため個人実印で押印します。当然のことながら印鑑証明書も添付します。相続人の数が多くて住んでいる場所も各々離れているときには、1通の遺産分割協議書に全員が署名・捺印するのは手間がかかって大変なこともあります。そういったときには、「遺産分割協議証明書」という形にして、同じ内容の協議書を人数分用意して、それに各自が署名・捺印するという方法が有効です。全員分の「遺産分割協議証明書」が揃ったら、それは1通の遺産分割協議書と同一なものと見なされます。

行政書士はこの遺産分割協議書や遺産分割協議証明書の作成も専門に行っております。もちろんこの書類への相続人の署名・捺印の取付も行いますので、ご安心ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ