遺産の分割について(2)

相続人が大勢いる場合には、遺産分割協議書に相続人全員の署名・捺印をしてもらう必要があります。しかしながら、相続人の住まいがバラバラなために、1通の遺産分割協議書を持ち回りで署名・捺印をしてもらいのが難しいときもあります。

そういった場合には、内容が同じ遺産分割協議書を人数分作成して、それぞれに署名・捺印してもらうことでも同じ効果があります。こういった場合の遺産分割協議書を「遺産分割協議証明書」と言います。

遺産分割協議証明書にそれぞれ相続人全員から署名・捺印してもらう方法が一般的かと思います。この方法は、手続にかかる日数や手間もかなり省くことができるので、おすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ