「具体的な相続手続」の記事一覧

令和の時代も

本日、令和新時代に入りました。新しい御代の弥栄(いやさか)を祈念申し上げます。 さて、当事務所では主要業務である相続遺産整理手続につきまして、旧来にも増して力を入れていく所存であります。ご親族が亡くなられて、遺産整理手続・・・

戸籍調べの重要性

相続が発生した場合には、まずは戸籍調べをしましょう。戸籍調べとは、被相続人(亡くなった方)の相続人が誰であるかということを戸籍等をベースにして調査することです。 具体的には、被相続人の生まれたときまで遡って、その方の相続・・・

相続人を確定させましょう

身内の方が亡くなったときに、その遺産を相続人全員または特定の人に相続させる必要が出てきます。 また、銀行に預けている現金をおろしたり、証券会社に預けている株などの有価証券を現金化することも必要になりますね。 こういうとき・・・

相続手続にかかる日数

相続手続を当事務所にご依頼いただいた場合、どのくらいの日数がかかるのか興味のある方もいらっしゃるでしょう。 大雑把に言えば、だいたい2ヶ月くらいは処理期間としてかかると思ってください。 その内訳は、こんな感じです。 まず・・・

相続手続では、代表相続人を決めるのがポイントです。

例えば相続人が複数いる場合には、その中から代表相続人を一名決める のがベストの方法です。 代表相続人を決めてしまえば、後はその代表相続人から行政書士が 委任をしてもらって、行政書士が単独で相続手続を執り行うことができます・・・

相続手続における重要ポイント:遺産分割協議書の作成(3)

相続人の人数が多くてバラバラに住んでいるときには「遺産分割協議証明書」 を各人から取り付けることが多いです。   うちの事務所で取り扱った案件の中では、ほとんどのケースで この「遺産分割協議証明書」を取り付ける・・・

相続手続における重要ポイント:遺産分割協議書の作成(2)

相続人全員から署名・捺印を取り付ける良い方法があることを 前回お話しました。   この方法とは、相続人全員から個別に文書を取り付けると いうことです。   まったく同じ内容の協議書にそれぞれの相続人か・・・

相続手続における重要ポイント:遺産分割協議書の作成(1)

  相続人が確定した後は、遺言書が有る場合と無い場合とで 手続が変わります。   ここでは、遺言書が無い場合で考えていきましょう。   この場合は、遺産分割協議書を作成することになります。 ・・・

相続手続における重要ポイント:相続人の確定(4)

  相続人の確定の際の注意事項をお話しましょう。   それは、相続が発生した後で相続人が亡くなった場合です。   このときには、亡くなった相続人の相続手続が発生した と見なします。 &nbs・・・

相続手続における重要ポイント:相続人の確定(3)

戸籍調査が完了して、誰が相続人であるかということが 確定したら、被相続人(亡くなった方)を中心とした 相続人の一覧表を作成します。   この相続人の一覧表は、単なる相続人リストではなくて、 相続人の相対関係が一・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ