相続手続における重要ポイント:銀行の解約手続(1)

 

相続人を確定して、遺産分割協議書に相続人全員からの著名・捺印を

取り付けた後は、いよいよ銀行の解約手続に入ります。

 

被相続人(亡くなった方)名義の銀行口座を解約して、

相続人代表者の口座に解約返戻金を全額入金してもらう手続を

相続における銀行解約手続と呼んでいます。

 

自分名義の口座に解約返戻金を入金してもらった後は、

相続人代表者が責任をもって全相続人に対して

取り決め通りの分割割合で振り込めば、良いわけですね。

 

銀行の解約手続では、銀行からそれぞれ全相続人に

対して振り込んでくれるわけではありません。

 

あくまでも相続人代表者1名の口座に全額を

振り込んでくれるに過ぎません。

 

では、その銀行の解約手続に必要な書類は

どんなものでしょうか。

 

基本的には、次のとおりです。

・遺産分割協議書

・相続人全員の印鑑証明書

・相続人を確定するために収集した戸籍

・相続人の現住所を確認できる書類

・相続人の関係を図式化したもの

・相続人の現住所一覧表

 

以上は、いずれも当事務所で収集・作成したもので足ります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ