不動産の相続登記

被相続人(亡くなった方)が不動産(土地・建物)を所有していた場合、

その方の持分について相続手続をする必要があります。

 

不動産の相続手続とは、当該不動産の「相続登記」をする、ということです。

 

相続登記は、私たち行政書士ではなくて、司法書士さんの専権事項ですが、

通常は行政書士による銀行等の解約手続と並行して行うことが多く、必要書類も共通のものがほとんどです。

ですから例えば当事務所に相続手続全般をご依頼いただいた場合には、不動産の相続登記に

必要な書類のほとんどは当事務所から提携している司法書士さんに渡して依頼することになります。

 

共通する書類の主なものは、戸籍関係及び遺産分割協議書又は遺言書です。

 

当事務所に相続手続を依頼される方は、当事務所を窓口として諸々の手続が可能ですので、

どうぞ遠慮なくご相談ください。

 

なお、当事務所を経由して司法書士さんに相続登記を依頼されるときには、

別途司法書士さんから相続人さん宛に相続登記の報酬額や登録免許税の請求がありますので、

その分は直接司法書士さんにお支払いください。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ