戸籍調べの重要性

相続が発生した場合には、まずは戸籍調べをしましょう。戸籍調べとは、被相続人(亡くなった方)の相続人が誰であるかということを戸籍等をベースにして調査することです。

具体的には、被相続人の生まれたときまで遡って、その方の相続人が誰であるのかということを現在の相続人の戸籍や現住所まで調べることです。

一般の方がご自分で完璧に戸籍調べをすることは、大変難しいです。何故なら、一つ一つの戸籍を取り寄せるにはそれぞれの方からの委任状が必要になることがあるからです。

そこで我々士業の出番があるわけです。行政書士等の士業は、依頼人からの正式なご依頼があれば、委任状なしで関係戸籍類等を取得することができるのです。また、どういった戸籍をどういった順番で取得すれば良いのかを熟知しています。

もしもご自分で戸籍調べを始めてみて苦労していらっしゃる方がいるならば、私たち行政書士にお任せいただけませんか?


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ