相続手続の初めにすべきこととは?

身内の方が亡くなって、いよいよ相続手続を開始するときに、どんなことから始めたらいいのでしょうか?

遺産を相続する方を「相続人」と呼びますが、

    この相続人さんが複数いらっしゃる場合には遺産をどんな割合で分けるかを最初に決める必要があります。

弊事務所に相続手続を依頼される方は、ほとんどの場合には、すでに遺産の分け方(遺産分割割合といいます。)を決めている方が多いです。しかしながら少数派ではありますが、遺産の総額を調べた後で遺産分割割合を決める方々もいらっしゃいますね。

亡くなった方に子供がいなかった場合には、配偶者と亡くなった方の兄弟が相続人となる場合が多いです。亡くなった方のご両親やもっと上の世代が生存されている場合には、配偶者と亡くなった方の上の世代(尊属といいます。)が相続人になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ