遺産分割協議書の作成(1)

戸籍調べが終わったら、いよいよ遺産分割協議書の作成にかかります。

分割の内容が決まっている場合には、その協議書に相続人全員が署名・捺印をする必要があります。

相続人全員が一同に会するのは大変なので、通常は同一の内容の「遺産分割協議証明書」を相続人の人数分だけ作成して、その証明書をそれぞれの相続人に郵送し、署名・捺印をしてもらいます。

相続人全員から「遺産分割協議証明書」が集まったら、それは「遺産分割協議書」と同等の効力を発します。

当事務所に仕事の依頼をされた場合には、この遺産分割協議書や遺産分割協議証明書の案が出来上がったら、まず最初に相続人代表の方にその案を見ていただき、ご了解をいただいてから相続人全員に発送するようにしております。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ