遺産分割協議書の作成(2)

遺産分割協議書を作成する際に、その協議書にすべての項目を載せる必要はありません。

例えば不動産の分割方法だけ決まっていて、預金の分割方法がまだ決まっていない場合、やむを得ずに不動産の分割方法だけを載せた協議書を先に作って、不動産の相続登記を実行するというやり方もありです。

この場合には預金の分割方法が決まってからその分だけを載せた協議書を別途作成して預金の分割を行うわけです。

こういった感じで少しずつ決まった部分だけを処理していく、というやり方もあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ