遺産分割協議書の作成(3)

相続が発生して相続手続をしなければいけなくなったときに、仮に有効な遺言書が発見された場合、その遺言どおりの内容で手続をします。

しかし、相続人(遺産を相続できるように指定されている第三者を含む)全員で別途協議をして新たに遺産分割協議書を作成し、全員が著名・捺印をした場合、遺言執行者の承認を受けることが出来れば、遺言書を無視して遺産分割協議書通りの内容で分割することができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ