遺産に係る基礎控除額

相続が開始すると、遺産が相続税の対象になるのかどうか心配になりますよね。

遺産総額が、遺産に係る基礎控除額を超える場合には相続税の対象になるので、相続開始日の翌日から10ヶ月以内に相続税の申告をしなければなりません。

遺産に係る基礎控除額とは、3,000万円+(600万円×法定相続人の数)です。

例えば法定相続人の数が4名の場合、3,000万円+(600万円×4)=5,400万円が遺産に係る基礎控除額です。

この基礎控除額は、平成27年1月1日以降に相続が開始した場合に適用されます。それ以前は5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)だったのですが、改正されました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ